平成30年度予算

 

ページ番号1007564  更新日 平成30年6月1日 印刷 

平成30年度予算が市議会3月定例会で可決成立しましたので、お知らせします。

概要

平成30年度の一般会計予算は244億円で、前年度に比べて1.7%の減となりました。

特別会計予算は136億6,769万円で、前年度に比べて8.0%の減となり、一般会計と特別会計を合計した当初予算額は380億6,769万円で、前年度に比べて4.0%の増となりました。

予算規模

区分

平成30年度

当初予算額

平成29年度

当初予算額

増減額 増減率
一般会計予算 244億円 248億1,000万円 △4億7,000万円 △1.7%
特別会計予算 136億6,769万円 146億1,840万7千円 △11億8,923万3千円 △8.0%
特別会計内訳 国民健康保険特別会計 68億8,405万7千円 80億1,756万9千円 △11億3,351万2千円 △14.1%
介護保険特別会計 41億9,538万円 40億5,106万4千円 1億4,431万6千円 3.6%
後期高齢者医療特別会計 11億8,201万6千円 11億2,945万6千円 5,256万円 4.7%
下水道事業会計 14億623万7千円 16億5,883万4千円 △2億5,259万7千円 △15.2%
合計 380億6,769万円 396億6,692万3千円 △15億9,923万3千円 △4.0%

 

一般会計予算の構成 総額244億円

一般会計予算の構成

平成30年度予算の主な事業

1.希望に満ちた明るいひとづくり[26億6,906万2千円]

英語教育推進事業 3,255万5千円

 中学校全校にALT(外国人指導助手)を常時配置し、小学校にも随時派遣を行うことで、児童・生徒の英語力を伸長します。また、実用英語技能検定(英検)について、中学3年生全生徒には3級、小学6年生全児童には5級の受験を公費にて実施いたします。

小学校教育環境整備支援事業 1,656万5千円

 通常教室や体育館といったパソコン教室以外でもICT機器が活用できるよう、校内LANの環境整備を行います。※ICT機器・・・タブレットPCをはじめとした情報通信技術機器(Information and Communications Technology)

新扶桑会館整備事業 3億390万4千円

 市営福生駅西口駐車場跡地に、新扶桑会館の新築工事を実施します。

2.だれにもやさしい安全なまちづくり[19億8,672万5千円]

市街地再開発推進支援事業 747万9千円

 平成29年度に設立された「福生駅西口地区市街地再開発準備組合」に対し、将来の福生駅西口地域の拠点開発や公共施設の導入を含めた新たな都市計画案の検討を進めることに対し支援を行います。

防災行政無線(移動系)施設改良事業 616万5千円

 昭和61年度に導入した移動系防災行政無線の機器の更新工事を行います。平成31年度から平成34年度にかけての工事に向けて平成30年度は設計を行います。

3.潤いのある豊かなくらしづくり[18億5,679万円]

せせらぎ遊歩道公園整備事業 8,356万7千円

 下の川緑地せせらぎ遊歩道公園の一部において、台風や豪雨等による崩落や土砂流出防止のため法面の整備を行います。

空き家住宅除却助成事業 250万2千円

 昭和56年5月以前に建築され、1年以上空き家となっている住宅を市内に所有するものが除却をする場合に、除却費用の一部を助成します。

4.安心に満ちたまちづくり[121億1,971万円]

子育て世代包括支援センター事業 1,690万6千円

 平成30年度より保健センター内に子育て世代包括支援センターを設置し、妊産婦及び乳幼児の健康の保持・増進に関する包括的な支援を行います。

福祉センター設備改良事業 2億767万2千円

 市民の福祉及び健康の増進を図るため、老朽化した福祉センター設備の更新を行います。工事は平成30年度から平成31年度にかけての2年で行う予定です。

5.活力とにぎわいのあるまちづくり[1億8,419万1千円]

多摩川流域自治体交流イベントラリー実行委員会負担金 18万円

 平成30年度から多摩川流域の各自治体と連携を図り、各自治体のイベントをスタンプラリーでまわる「多摩川流域自治体交流イベントラリー」を実施いたします。

都市農地保全支援プロジェクト補助金 397万7千円

 都市農地の多面的機能(防災、環境保全等)をより発揮させるとともに都市農地の保全を図るため、東京都の都市農地保全支援プロジェクト補助金を活用いたします。

6.ともに助け合うまちづくり[4,930万4千円]

市民活動支援事業 68万4千円

 市民への情報提供や市政出前講座などにより市民と行政の情報共有に努めます。また、市民の学習機会の充実や活動支援を通じ、まちづくりを担う市民活動を推進いたします。

町会等活動支援事務 1,944万5千円

 町会・自治会が所有する会館の維持管理費や修繕費についての支援、及び町会・自治会が行う地域活性化事業への助成を行います。

7.市民と行政がともに進めるまちづくり[22億3,681万5千円]

市政世論調査 287万4千円

 3年に一度行っている市政世論調査を実施いたします。

土地評価業務 332万1千円

 平成30年度は土地と家屋の評価を見直す評価替えの年度です。土地評価業務実施のため、平成30年度から平成32年度にかけて業務委託にて土地評価を行います。

一部事務組合への負担金

複数の自治体で共通する事務を共同処理するために一部事務組合を設立しています。
今年度の主な一部事務組合への負担金の予算額は次のとおりです。

一部事務組合への負担金

区分 当初予算額
瑞穂斎場組合 5,109万3千円
福生病院組合 5億2,421万6千円
西多摩衛生組合 3億3,474万4千円
東京たま広域資源循環組合 1億4,108万7千円
合計 10億5,114万円

市債(市の借金)

市債は国や都、金融機関などからの借入金です。公共施設の建設や下水道工事など多額の費用がかかる事業を行うとき、市の財源不足や年度間の財源の負担調整、将来にわたり利用できる施設を後世代の市民の皆さんにも負担していただくという趣旨で借り入れる建設事業債のほか、市税や地方交付税などの収入不足を補うための住民税等減税補てん債や臨時財政対策債などがあります。
今後返済する市債の元金(前年度末現在高見込額)は、一般会計で約71億3千万円、特別会計(下水道事業会計)で約31億4千万円、総額で約102億7千万円となっています。

一般会計の市債現在高(平成29年度及び平成30年度末見込)

普通債
区分 平成29年度末現在高見込 平成30年度末現在高見込
総務

1億7,163万円

1億5,357万円

土木

13億5,081万6千円

11億9,490万3千円

公営住宅

5億2,963万6千円

4億8,708万1千円

消防

5億2,476万3千円

5億2,200万円

義務教育

1億1,000万円

1億8,500万円

社会教育

2,227万1千円

1,980万1千円

普通債 計

27億911万6千円

25億6,235万5千円

その他
区分 平成29年度末現在高見込 平成30年度末現在高見込
住民税等減税補填

3億2,551万7千円

3億2,589万9千円

臨時財政対策

41億6,137万9千円

43億2,632万円

その他 計

44億8,689万6千円

45億6,902万2千円

合計

  • 平成29年度末現在高見込:71億9,601万2千円
  • 平成30年度末現在高見込:71億3,137万7千円

下水道事業会計の市債現在高(平成29年度及び平成30年度末見込)

下水道事業債
区分 平成29年度末現在高見込 平成30年度末現在高見込
公共下水道事業債

27億7,116万9千円

25億3,871万2千円

流域下水道事業債

6億5,850万4千円

6億476万1千円

合計

  • 平成29年度末現在高見込:34億2,967万3千円
  • 平成30年度末現在高見込:31億4,347万3千円

基金(市の貯金)

基金には、都市施設整備基金など、施設整備にあてるための積立基金と、特定事業の運用資金としての運用基金があり、現在高見込は表のとおりとなっています。

基金現在高(平成29年度及び平成30年度末見込額)

財政調整基金
基金の名称 平成29年度末現在高見込 平成30年度末現在高見込
財政調整基金

24億1,744万6千円

21億7,752万6千円

特定目的基金
基金の名称 平成29年度末現在高見込 平成30年度末現在高見込
退職手当組合特別負担金準備基金

565千円

566千円

庁舎維持管理基金

2億9,612万7千円

2億7,121万6千円

都市施設整備基金

20億2,472万円

18億2,596万7千円

育英基金

1,535万円

1,535万円

市営住宅等管理基金

2億9,851万円

2億9,860万円

学校施設等整備基金

16億7,096万5千円

16億4,201万5千円

ふるさと人づくりまちづくり基金

4億1,724万3千円

4億1,404万3千円

介護給付費準備基金

3億8,647万9千円

3億7,648万円

再編交付金事業基金

3億2,531万8千円

2億9,267万4千円

特定防衛施設周辺整備調整交付金事業基金

5億3,699万8千円

6億4,587万8千円

下水道事業基金

11億5,769万8千円

12億6,242万8千円

特定目的基金 計

66億6,509万7千円

57億2,608万6千円

定額運用基金
基金の名称 平成29年度末現在高見込 平成30年度末現在高見込
国民健康保険高額療養費等資金貸付基金

600万円

600万円

定額運用基金 計

600万円

600万円

合計

  • 平成28年度末現在高見込:95億5,341万9千円
  • 平成29年度末現在高見込:92億2,874万3千円

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 財政課 財政係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1534