電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金のご案内

 

ページ番号1016843  更新日 令和4年11月9日 印刷 

電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金のご案内

電力・ガス・食料品等の価格高騰による負担増を踏まえ、特に家計への影響が大きい低所得世帯(令和4年度の住民税均等割が非課税世帯および家計急変世帯)に対して、1世帯あたり5万円を支給します。

支給の対象となる世帯

令和4年9月30日(以下「基準日」という。)において、いずれかの市区町村の住民基本台帳に記録されている者(基準日以前に、住民票を削除されたが日本国内で生活しており、基準日の翌日以降に住民票に記録されることとなった者も含む)で、令和4年度住民税非課税世帯または令和4年1月以降の家計急変世帯に該当する世帯の世帯主

 

「令和4年度住民税非課税世帯」に該当する世帯主の方 → 「令和4年度住民税非課税世帯」の手続きについてをご覧ください

「令和4年1月以降の家計急変世帯」に該当する世帯主の方 → 「令和4年1月以降の家計急変世帯」の手続きについてをご覧ください

 

※令和3年度・令和4年度いずれかの住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(10万円)を受給済みであっても、要件に該当すれば支給されます。

※住民税課税者の扶養に入っている者のみの世帯は支給対象ではありません。

※給付の申請・受給ができるのは住民登録(住民票)の世帯主です。他の方が手続きや受給をする場合は、世帯主からの委任が必要です。

 

給付金の支給額

1世帯あたり5万円

(受給は1世帯あたり1回限りです)

 

「令和4年度住民税非課税世帯」の手続きについて

令和4年度住民税非課税世帯の手続き

基準日において、福生市の住民基本台帳に記録されており、世帯全員の令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯

※基準日において生活保護を受けている世帯も含みます。

 

世帯の状況により、手続き方法が異なります。

(1)「確認書」が届く世帯

対象と思われる世帯主あてに、給付金の振込口座を確認するために確認書を発送します。

記載された内容を確認のうえ、返送していただきます。

※9月30日現在、福生市に住民登録があり、給付対象と思われる世帯主には、11月上旬より順次「確認書」を送付いたします。

 

※確認書

該当する世帯の住民登録されている住所に、世帯主あてに順次「確認書」を送付いたします。

届いた「確認書」に必要事項を記入し、必要書類とともに、同封の返信用封筒にて返送してください。

※必要書類

・本人確認書類(世帯主・代理人)のコピー

・振込口座が確認できる書類のコピー

 

(2)「申請書」の提出が必要な世帯

確認書が届いていなくても次のような世帯には、支給要件を満たせば給付金を受給できる場合があります。

 

※下記の例に該当する世帯の方は、「申請書」を提出していただく必要があります。

例1) 世帯の中に令和4年1月2日から9月30日までに市外から転入した方がいる世帯

例2) 令和4年度の住民税が課税されていたが、修正申告等により、令和4年度の住民税が非課税となった

 

※詳しくは、福生市価格高騰緊急支援給付金コールセンター(0570-001091)にお問い合わせください。

 

※申請書

「申請書」をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、必要書類とともに郵送にて申請してください。

 

 

※必要書類

・本人確認書類(世帯主・代理人)のコピー

・振込口座が確認できる書類のコピー

・令和4年度住民税非課税証明書の写し(令和4年1月2日以降に福生市に転入された方全員分)

 

「令和4年1月以降の家計急変世帯」の手続きについて

支給の対象

下記の5点をすべて満たす必要があります。

・令和4年9月30日において、日本国内に住民登録(住民票があること)

・令和4年1月から12月までの間の収入が減少していること

・収入が減少した理由が、予期せず家計が急変したことによるものであること

・世帯全員の収入が、それぞれ住民税非課税相当であること

・住民税課税世者の扶養に入っている方のみの世帯ではないこと

 

※以下の減収の場合などは、「予期しない減収」の要件に該当しません。

・定年退職による減収

・年金が支給されない月の減収

・事業活動に季節性があるケースで、通常収入を得られる時期以外の減収


※次のいずれかに該当する場合は、家計急変世帯の対象となりません。

・住民税非課税世帯として今回の緊急支援給付金を受けた世帯に属していた者を含む世帯

(当該者が住民税非課税世帯に該当しない世帯に編入された場合の当該世帯を除く。)

・基準日において同一世帯に同居していた親族について、基準日の翌日以降に住民票の異動により、同一住所において別世帯とする世帯の分離の届け出があったものは同一世帯とみなし、同一住所に住民登録されているいずれかの世帯に対し、今回の緊急支援給付金を支給した場合の同一住所におけるその他の世帯

収入の判定方法

〇世帯全員それぞれの、令和4年1月から12月の「任意の1か月の収入」を12倍することで年収に換算して判定します。

〇収入の種類は、給与、事業、不動産、年金です。

(注1) 非課税の公的年金等収入(遺族・障害年金など)は含みません。

(注2) 非課税相当水準の収入は、世帯構成により異なります。下記の表をご確認ください。

※下記の表は例です。非課税相当限度額以下でも、その他の要件により対象とならない場合があります。

早見表

申請方法(家計急変世帯)

給付金の受給には、申請が必要です。

(1)申請書(家計急変世帯用)に、世帯主の署名または押印、世帯状況、振込み口座情報等を記入いただき、(2)簡易な収入(所得)見込額の申立書とともに、必要書類を添付して郵送にて申請してください。

申請書(家計急変世帯用)

様式第3号申請書

簡易な収入(所得)見込額の申立書

必要書類

・本人確認書類(世帯主・代理人)のコピー

・振込口座が確認できる書類のコピー

・令和4年1月から12月の任意の1か月の収入額がわかる書類のコピー

・事業収入等の経費の額がわかる書類のコピー(記入した場合のみ)

※制度について、申請書の書き方、添付書類等のお問い合わせ

福生市価格高騰緊急支援給付金コールセンター

電話 0570-001091(午前8時30分から午後5時15分まで)

※土・日・祝日を除く(12月29日から1月3日までは休み)

※有料ダイヤルです。おかけ間違いにご注意ください。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、お問合せについては電話にてお願いします。

 

 

配偶者等の暴力(DV)等により福生市に避難されている方

配偶者やその他の親族からの暴力を理由に避難している方で、現在福生市内に避難している方については、社会福祉課福祉総務係(042-551-1522)へご相談ください。

一定の要件を満たす方について、所定の手続きをしていただくことで給付金を受け取ることができる場合があります。

支給開始時期について

現在11月中の支給をめざして準備を進めています。

 

問合せ

国のコールセンター

電話 0120-526-145(フリーダイヤル)

時間 午前9時から午後8時まで

※土・日・祝日を除く(12月29日から1月3日までは休み)

福生市価格高騰緊急支援給付金コールセンター

電話 0570-001091(午前8時30分から午後5時15分まで)

※土・日・祝日を除く(12月29日から1月3日までは休み)

※有料ダイヤルです。おかけ間違いにご注意ください。

※11月1日よりコールセンターの名称が変更となります。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、お問合せについては電話にてお願いします。

 

 

福生市価格高騰緊急支援給付金受付窓口

2棟1階北口玄関前(郵便局側)付近に受付窓口を開設しています。

 

受付窓口でのご相談は「予約制」となります。

詳しくは 福生市臨時特別給付金コールセンター(0570-001091)までお問い合わせください。

・窓口(開庁)時間 午前8時30分から午後5時15分まで(平日、土曜日) 、水曜日は午後8時まで

(12月29日から1月3日までは休み)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 社会福祉課 福祉総務係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1735、042-551-1522