市内多摩川の水質調査結果

 

ページ番号1002119  更新日 令和元年10月1日 印刷 

各月、多摩川及び排水口などの水質調査を行なっています。

市では、各月、多摩川及び排水口などの水質調査を行なっています。
平成30年度の多摩川水質調査結果がまとまりましたのでお知らせします。

用語解説

pH
(水素イオン濃度)
液体の酸性・アルカリ性の度合いを示す数値でpH7の時に中性、それより数値が大きい時はアルカリ性、小さい時は酸性になります。
BOD
(生物化学的酸素要求量)
水中の有機物が好気性微生物により分解されるときに消費される酸素の量です。
SS
(浮遊物質量)
水中に浮遊して溶解しない直径2ミリ以下の粒子状物質量です。

調査結果

以下の表中BOD及びSSの数値は1リットル中の値です。

平成30年度調査結果                            ※ND:定量下限値未満
pH BOD SS
平成30年5月 8.2 1.2ミリグラム 1.0ミリグラム
平成30年7月 9.2 1.7ミリグラム 3.0ミリグラム
平成30年9月 8.0 0.8ミリグラム 0.5ミリグラム
平成30年11月 9.1 0.3ミリグラム 0.5ミリグラム
平成31年1月 8.7 ND ND
平成31年3月 8.4 1.0ミリグラム 0.5ミリグラム
環境基準値 6.5から8.5 2.0ミリグラム以下 25ミリグラム以下

福生市内多摩川の水質状況(平成10年度から30年度)

福生市内多摩川の水質状況(年平均値。定量下限値未満については0として計算。)
pH BOD SS
平成10年度 8.1 1.1ミリグラム 4ミリグラム
平成11年度 8.9 2.5ミリグラム 1ミリグラム
平成12年度 8.4 1.5ミリグラム 2.1ミリグラム
平成13年度 8.0 1.3ミリグラム 42.2ミリグラム
平成14年度 8.3 1.5ミリグラム 3.8ミリグラム
平成15年度 8.6 0.8ミリグラム 2.0ミリグラム
平成16年度 8.5 1.2ミリグラム 0.9ミリグラム
平成17年度 8.6 1.2ミリグラム 1.3ミリグラム
平成18年度 7.8 1.1ミリグラム 0.7ミリグラム
平成19年度 8.0 0.4ミリグラム 22.1ミリグラム
平成20年度 8.1 1.2ミリグラム 1.2ミリグラム
平成21年度 7.6 0.8ミリグラム 1.0ミリグラム
平成22年度 8.1 0.5ミリグラム 4.8ミリグラム
平成23年度 7.8 0.6ミリグラム 9.0ミリグラム
平成24年度 8.2 0.4ミリグラム 1.0ミリグラム
平成25年度 8.1 0.8ミリグラム 1.2ミリグラム
平成26年度 8.3 0.2ミリグラム 1.2ミリグラム
平成27年度 8.3 0.6ミリグラム 1.9ミリグラム
平成28年度 8.0 0.3ミリグラム 1.4ミリグラム
平成29年度 8.1 0.9ミリグラム 1.2ミリグラム
平成30年度 8.6 0.8ミリグラム 0.9ミリグラム

多摩川の環境基準について

昭和45年9月1日の閣議決定により、多摩川(福生市の部分)の河川類型はAに指定されています。
また、「環境基本法第十六条の規定に基づく水質汚濁に係る環境基準」(平成18年6月30日)環境省告示93号により、生物類型は河川生物Aに指定されています。

河川類型A(抜粋)

  • pH:6.5以上8.5以下
  • BOD:1リットルあたり2ミリグラム以下
  • SS:1リットル25ミリグラム以下

生物類型A(抜粋)

  • 水生生物の生息状況の適応性
    イワナ、サケマス等比較的低温域を好む水生生物及びこれらの餌生物が生息する水域

詳しくは下の「生活環境の保全に関する環境基準」をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境課 環境係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1718