風しんの追加的対策(抗体検査及び風しん第5期定期接種)

 

ページ番号1008578  更新日 令和3年3月5日 印刷 

予防接種法の改正により、接種機会の与えられなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた
男性を対象に、風しんの追加的対策として、抗体検査及び第5期定期接種が実施されることになりました。

風しんとは

風疹ウイルスの感染によって起こる急性ウイルス性の発疹症です。
一度風しんがまん延すると、その影響を受けて先天性風しん症症候群の発生も増加する傾向が見られます。
 

抗体検査

対象者

福生市に住所を有する昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

詳細は下図をご参照ください。

風しん抗体検査の対象者についてのフロー図です
風しん抗体検査の対象者についてのフロー図

令和元年度におけるクーポン券の発送方法

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性の方に2019年5月下旬に、福生市から一斉に発送しました。
※2019年にお送りしたクーポン券の有効期限は2020年3月となっていますが、この度厚生労働省の通知により、2022年3月まで延長されました。ぜひこの機会に抗体検査をご受診ください。

令和2年度におけるクーポン券の発送方法

昭和41年4月2日から昭和47年4月1日の間に生まれた男性の方に2020年3月下旬に、福生市から一斉に発送しました。

令和3年度におけるクーポン券の発送方法

昭和37年4月2日から昭和41年4月1日の間に生まれた男性の方に2021年3月下旬に、福生市から一斉に発送いたします。

クーポン券を紛失された方へ

クーポン券を紛失された方は、再発行いたしますので、保健センターへご連絡ください。

実施期間

2022年3月31日まで

実施方法

福生市から送付されたクーポン券および本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)を持参し、実施医療機関で受診してください。
※実施医療機関については厚生労働省のホームページに掲載されていますのでページ下部の関連情報をご参照ください。

予防接種

対象者

福生市に住所を有する昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性で、風しん抗体検査を受けた結果、抗体価が十分でないことが判明した方。
 

抗体価が十分でない場合

HI抗体価8倍以下、EIA抗体価6.0未満
※なお上記の抗体価より高い場合でも一定の条件を満たせば先天性風しん症候群対策としての予防接種の対象(一部費用助成)になる場合があります。
詳細はページ下部の関連情報をご参照ください。
 

実施期間

2022年3月31日まで

実施方法

福生市から送付されたクーポン券、風しんの抗体価が不十分であることがわかる検査結果の写しおよび本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)を持参し、実施医療機関で受診してください。
※実施医療機関については厚生労働省のホームページに掲載されています。
※定期接種を行う医師の氏名は各実施医療機関に掲示されています。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康課 健康管理係
〒197-0011 福生市福生2125-3(福生市保健センター)
電話:042-552-0061