JR青梅線の運転状況改善について

 

ページ番号1003462  更新日 平成28年8月9日 印刷 

表記について、平成23年3月27日付けで受け付けし、平成23年4月7日付けで回答した内容です。

「市長への手紙」「お問合せ・ご意見」でお寄せいただいた、東日本大震災に関連するものを、個人が特定できないように編集したうえで、ホームページに質問とその回答を掲載しています。

質問:JR青梅線の運転状況改善について

市民の生活・通勤・通学の足の安定確保のため、JR東日本に対して青梅線の運行状況改善についての申入れを行なってほしい。

回答:企画財政部 企画調整課基地渉外担当

JR東日本に対して、青梅線の状況改善についての申入れを行なってほしいとのとのことですが、JRの電車は、すべての列車運行を自営電力で賄うことが出来ないため、郊外を中心に東京電力から供給された電気を使用して運行されていると聞いております。
現在、JR東日本に対して、東京電力からはすべての電車運行に必要な電力が供給されていないこと、及び計画停電が実施されると踏切の安全性が担保できないことなどを理由に限定的な運転が行われておりましたが、この数日間は計画停電も実施されておらず、青梅線もほぼ平常通り運行されております。
しかし、今後も東京電力による計画停電や、夏季・冬季の電力供給調整も予定されていると聞いておりますので、西多摩地域の一体的整備と住民の福祉増進を図ることを目的に設置されている「西多摩地域広域行政圏協議会」において、3月31日に東日本鉄道株式会社八王子支社へ緊急要望書を提出することになりました。
つきましては、私も同行し、JR青梅線の拝島駅以西について、地域住民の通勤・通学者の足を確保することを第一義に考え、特に朝夕の時間帯には計画停電が実施された場合であっても、運転見合わせを行なわないなど、運行に対する配慮を強く要望いたしてきましたので、よろしくお願いいたします。

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 秘書広報課 広報広聴係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1529