震災に対する福生市の対応について

 

ページ番号1003454  更新日 平成28年8月9日 印刷 

表記について、平成23年3月19日付けで受け付けし、平成23年3月30日付けで回答した内容です。

「市長への手紙」「お問合せ・ご意見」でお寄せいただいた、東日本大震災に関連するものを、個人が特定できないように編集したうえで、ホームページに質問とその回答を掲載しています。

質問:震災に対する福生市の対応について

東日本大震災に対する福生市の対応について。

回答:福祉保健部 社会福祉課

東日本大震災の被災地並びに被災自治体についての支援についてですが、当市といたしましても、被災された方々に対するさまざまな支援の重要性については、十分に認識しています。具体的な支援につきまして項目別にお答えさせていただきます。

支援物資について

3月22日から、物資に限定して(乳児用・大人用おむつ、ペットボトルの水、使い捨てカイロ)福祉センターにて受付を開始し、3月25日に第一便としてこれらの物資を東京都の集積場である京浜トラックターミナルへ送付いたしました。また、市の備蓄品の、ブルーシート、簡易トイレ、食糧品なども3月28日に被災地である宮城県に向けて提供するために、自衛隊練馬駐屯地へ搬送いたしました。

義援金について

東京都市長会・福生市が「東京都市長会義援金」の受付を3月18日から4月30日まで行っており、市役所庁舎内各所に募金箱の設置をさせていただいています。3月30日から4月1日までJR福生駅と牛浜駅におきまして、「東京都市長会義援金」の募金活動を行います。「日本赤十字社義援金」については、3月14日から9月30日まで、市役所庁舎内3カ所に募金箱を設置し、日本赤十字社に送金いたします。

福島県原子力発電所の事故による避難者の受け入れについて

30人程度の方を限度に、福祉センターで3月19日から4月中旬ころまで、受け入れを実施しています。

人的支援について

現在も被災地での受け入れ態勢の確立が不十分であり、ガソリン等の燃料不足による運搬車両の問題、福島県原子力発電所の放射能の問題等などがあり、応援隊の二次災害も懸念されている状況の中、ルートの確保、被災地での必要状況、組織的な支援体制が未確立の現状のため、現在調整中の状況です。なお、復興の長期にわたる人的支援については、東京都及び都内の各自治体で組織的に対応することが検討されています。

広報

このたびの東日本大震災の発生に伴い、計画停電の予定や義援金募金のお願い、救援物資に関すること、市の事業の中止・延期などについて、広報ふっさ4月1日号、4月15日号の臨時号としてお知らせするほか、市ホームページや携帯電話へのメール配信サービスでの情報提供も行っていきます。今後も東京都から被災地のニーズなどの正確な情報をいただき、市といたしましても、迅速かつ的確な支援を進めていく所存でおりますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 秘書広報課 広報広聴係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1529