地震以後の、ごみ、資源ごみ収集について

 

ページ番号1003450  更新日 平成28年8月9日 印刷 

表記について、平成23年3月17日付けで受け付けし、平成23年3月24日付けで回答した内容です。

「市長への手紙」「お問合せ・ご意見」でお寄せいただいた、東日本大震災に関連するものを、個人が特定できないように編集したうえで、ホームページに質問とその回答を掲載しています。

質問:地震以後の、ごみ、資源ごみ収集について

3月11日の地震以後、燃料不足の中、ごみ、資源ごみの収集ありがとうございます。本当に助かっています。これからもよろしくお願いします。

回答:生活環境部 環境課

3月11日(金曜日)午後、東北地方の太平洋岸を主な範囲として未曾有の大地震が発生してしまい、犠牲になった皆様方には心よりご冥福をお祈りし、被災され現在でも不自由な生活をされている皆様方には、市としてもなんとかご支援したいと考えているところです。
テレビ報道や新聞記事などでも日常生活が回復しつつある被災地と、全く手がつかない状況もあるとのことで、その中でも、ごみの収集が始まった地域では、一様に住民の安堵の表情がみられているとのことです。
福生では、ごみの収集作業中のガソリンの確保という点で困難な点も見受けられますが、収集に携わる作業員の努力で、なんとか通常の業務を確保している状況です。励ましのお言葉をいただき、大変うれしく思います。作業員や担当者にもメール内容を伝え困難な状況を市民の皆様方と共に乗り越えるようにお伝えいたしました。

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 秘書広報課 広報広聴係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1529