ハクビシンについて

 

ページ番号1002931  更新日 令和4年3月15日 印刷 

ハクビシンの被害にあわないための対策について掲載しています。

ハクビシンについて

ハクビシンは、植物食中心の雑食性で夜行性の自然動物のひとつです。
市内でハクビシンを見かけたという情報や、屋根裏などに侵入されてしまったという情報が入っています。ハクビシンは見かけただけでは、心配いりませんが野生動物なのでエサをあげたり触らないようにしましょう。

イラスト:ハクビシン
ハクビシンの特徴:顔の真中に白いすじ。足が短い。前足・後ろ足とも5本指。尾が長い、など
ハクビシン画像1(正面・横)
ハクビシン画像(正面・横)

ハクビシンによる問題

  1. 農作物(特に果実)を食べてしまう
  2. 建物の天井裏や床下、物置といった場所に侵入し棲みつき、そこにフン尿を排泄する
  3. 自然動物なので、感染症やダニ・ノミを持っている恐れがある

ハクビシンを見かけたら

情報求ム

福生市環境課までご一報ください。

なお、お電話の際には、次のことを伺いますので、あらかじめご承知おきください。

  1. 目撃日時(時間が分からない場合は朝・昼・夕・夜でもかまいません)
  2. 目撃場所
  3. 毛色
  4. 特徴
  5. 目撃数
  6. 情報提供者の氏名・連絡先

ハクビシンの被害にあわないために

侵入口をふさぎましょう

ハクビシンは頭が入るところであれば、侵入することができます。目安として、タバコの箱ぐらいの穴の大きさがあれば、十分に侵入してしまいます。

エサとなるものを置かないようにしましょう

果実の取残しやペットフードなどを、食べにきます。ハクビシンを寄せつけないためにも、敷地内に果実などをそのままにしておくのはやめましょう。

ハクビシンが家に侵入してしまったら

石油系のにおいを用いて追い出す

ハクビシンは石油系の臭いが苦手なため、くん煙殺虫剤(バルサン等 ホームセンターなどで購入できます)をまいて追い出す方法があります。
その他、被害のあったところに、古布等に灯油を含ませたものでにおいをつけます。
(注意)火事には十分注意してください。

さらなる被害にあわないよう対策を

侵入口をふさぐ方法を、家を建てた大工さんや工務店へ相談してみてください。
また、フン・尿被害があった場合は、屋根裏などを消毒することをおすすめします。

注意:捕獲を行う場合は東京都の許可が必要です

自然動物ですので、むやみに捕獲駆除はできません。やむをえず捕獲駆除する場合は、許可業者へ依頼をしてください。

  • 公益社団法人東京都ペストコントロール協会
    電話:03-3254-0014

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境政策課 環境政策係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1718