新型コロナウイルス感染症と定期予防接種について

 

ページ番号1012564  更新日 令和3年8月30日 印刷 

定期の予防接種は遅らせずに受けましょう!

小児の定期予防接種は、感染しやすい年齢を考慮して、感染症ごとに接種年齢を定めて実施しているもので、ワクチンで防げる感染症の発生及びまん延を予防する観点から非常に重要です。
特に赤ちゃんの予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まります。

予防接種は「不要不急」ではありません。遅らせずに、予定どおり受けましょう。

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康課 健康管理係
〒197-0011 福生市福生2125-3(福生市保健センター)
電話:042-552-0061