学校支援地域組織の活動紹介

 

ページ番号1002733  更新日 平成28年8月24日 印刷 

平成24年度、25年度、26年度の学校支援コーディネーターの活動紹介

平成26年度の活動紹介

福生第五小学校・野鳥観察会(平成26年4月23日)

平成26年4月23日(水曜日)に青空の下、福生第五小学校・野鳥観察会が行われました。これは昭和49年(1974年)から続いているものです。
校長先生、副校長先生をはじめ、学校支援コーディネーターの野村さんやボランティアの方々、そして、愛鳥博士テストで認定された五小の愛鳥博士(4年生から6年生)が分かれて、各学年の児童たちと観察サポートを行いました。

写真:第五小学校校庭にて
第五小学校校庭にて
写真:明神下公園にて
明神下公園にて

最初に校庭で野鳥観察会の目的や注意事項の説明を受けた後、明神下公園、土手、中央公園へと観察場所を移して野鳥観察を行いました。
1年生の野鳥観察の際には、野村さんや、愛鳥博士(5、6年生)5人が慣れた様子でスコープ(バードウォッチングに用いる三脚付きの望遠鏡)をセットし、レンズに捉えた野鳥を児童にみせてあげていました。
当日は、ムクドリ、アオサギ、ハクセキレイなど、15種類以上の野鳥を観ることができ、初めて参加した1年生も興味津々と観察していました。

写真:土手にて(1)
土手にて(1)
写真:土手にて(2)
土手にて(2)

平成25年度の活動紹介

福生第四小学校・横田西小学校との交流事業(平成25年12月11日)

平成25年12月11日(水曜日)、福生第四小学校にて、四小の6年生と横田西小学校の4年生が、およそ2時間にわたり、英語活動の発展を目的とし交流しました。
日本の伝統文化である琴・着物の着付け・将棋・書道・かるた・こま回し・竹馬等、いくつかのブースにわかれて、四小児童が基地の児童に簡単な英語を使って教えながら、一緒に体験するワークショップを行いました。

写真:ゆかたの着付けの様子
ゆかたの着付け
写真:琴体験の様子
琴体験の様子

四小の学校支援コーディネーターの山崎さんが、あらかじめ横田基地関係者、学校、学校支援サポーター(ボランティア)と連絡、調整を重ねた結果、内容の濃い、とても充実した交流会となりました。
「四小の子どもたちが少しでも英語を勉強したいと思うきっかけになればいいです。」と山崎さん。四小児童たちが、積極的に英語でコミュニケーションをはかる、いきいきとした姿がとても印象的でした。

写真:お茶体験の様子
お茶体験の様子
写真:竹馬体験の様子
竹馬体験の様子

平成24年度の活動紹介

福生第四小学校・横田基地内小学校との交流事業(平成24年12月13日)

福生市内では唯一、福生第四小学校で毎年実施している横田基地内小学校との児童同士の交流会です。書道・琴・着物の着付け・将棋・こま回し・竹馬等、いくつかのブースにわけて、福生第四小学校の児童が横田基地内小学校の児童たちに教えながら、一緒に体験するプログラムのサポートを行いました。
横田基地関係者、学校、学校支援サポーター(ボランティア)と連絡を密にとり、予定を確認し合いながら調整を行うことで、円滑に交流会を進めることができました。
児童たちは積極的に英語で話しかけており、今後もっと会話力をつけたいと向上心がわいたようで、大変有意義な交流会となりました。

写真:横田基地内児童と一緒にダンスをして交流する様子
横田基地内児童と一緒にダンスをして交流
写真:横田基地内児童に琴を教える福生第四小学校の児童の様子
横田基地内児童に琴を教える福生第四小学校の児童

福生第三小学校・持久走大会安全見守り(平成24年12月14日)

平成24年12月14日(金曜日)、福生第三小学校で持久走大会が開催されました。
今回、この大会のために初めて交通規制を行い、学校関係者はもちろん、学校支援地域組織のコーディネーターが事前に依頼した40名を超える学校支援サポーター(ボランティア)や、交通安全協会、警察の協力を得て、持久走大会が安全かつ円滑に実施されました。
この大会に携わる方たちの大きな声援を受け、児童はいきいきと汗を流しながら走っていました。

写真:児童に声援を送るコーディネーター
児童に声援を送るコーディネーター
写真:児童の安全見守りをするサポーター
児童の安全見守りをするサポーター

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 生涯学習推進課 地域教育支援係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1958