12歳から15歳の方

 

ページ番号1012484  更新日 令和3年8月20日 印刷 

12歳から15歳の接種について

予診票の署名について

15歳以下の方が新型コロナワクチンの接種を受ける場合、予診票の署名欄に保護者の署名が必要となります

保護者の同伴について

福生市の新型コロナワクチン接種では、集団接種会場管理者(医師)の指示により、12歳から15歳の接種には保護者の同伴が必要となります。

福生市の接種会場では、接種の実施にあたり、医師の診察やワクチンの説明、効果や副反応について保護者の方にご理解いただき、正確な予診を行うため必ず保護者の方の同伴をお願いします。

どうしても保護者の方が同伴できない場合には、本人の状況をよく知っている親族等の同伴でも可能です。その際には、必ず保護者の方が予診票に事前に署名いただき、委任状を作成のうえ、ご来場ください。

持ち物

・予診票(保護者が署名したもの)

・接種券(シール台紙ごとお持ちください)

・本人確認書類(マイナンバーカードや保険証等 ※保護者の方の本人確認書類もお持ちください。)

・委任状(保護者が同伴できない場合)

 

※接種に関するその他の詳細につきましては、接種券に同封する市からのお知らせ等でご確認ください。

※職域接種等でモデルナ製を接種する方は、こちらの説明書をご覧ください。

※その他関連ページ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康課 健康管理係
〒197-0011 福生市福生2125-3(福生市保健センター)
電話:042-552-0061