ごみ・資源の排出について

 

ページ番号1010818  更新日 令和2年12月21日 印刷 

使用済みのマスクやティッシュ等の出し方

写真:指定収集袋
燃やせるごみで出してください

家庭から出る使用済みマスクやティッシュは、感染症対策として次のことに気をつけて、燃やせるごみとして指定収集袋(水色)に入れて出してください。

(1)ごみ箱に直接ごみを入れずに、ごみ箱の内側にごみ袋を重ねる。

(2)ごみに直接触れないよう、袋の口をしっかり縛って封をする。

(3)ごみを捨てた後は、石けんを使って流水で手をよく洗う。

ポイ捨てや不適切なごみの出し方はやめましょう。
適切にごみを捨てていただくことで、ご家族だけでなく、排出されたごみを扱う廃棄物収集及び処理業者への感染を防ぐことにつながります。                                   

ペットボトル等の資源化される飲料容器等の出し方

物の表面に付着したウイルスが感染力を失うまで、24時間から72時間程度の時間がかかると言われています。(厚生労働省ウェブページ「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」より)
感染拡大を防止するため、ペットボトル、ビン、缶等の飲料容器等は、必ず水で洗浄したうえで、1週間程度経過してから出してください。

新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのペットボトル等の捨て方(環境省チラシ)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするためにアンケートを行っています

このページの感想をお聞かせください(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境課 ごみ対策係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1731