選択された部分を音声で聴くにはJavaScriptが必要です

くらしの情報

福生市防災マップ/洪水・内水ハザードマップ

いざというときのための情報を掲載した「福生市防災マップ/洪水・内水ハザードマップ」を配布しています。

2016/06/24掲載

防災マップ/洪水・内水ハザードマップの概要

防災マップ/洪水・内水ハザードマップの内容

福生市防災マップ/洪水・内水ハザードマップ福生市防災マップ/洪水・内水ハザードマップ

市では、防災情報をまとめた防災マップと、多摩川が氾濫した場合にどのような被害が出るかをまとめた洪水・内水ハザードマップを作成しました。
防災マップ面には、地震による災害が発生した際にどこに避難したらよいかなどの情報を記した防災地図が載っています。
洪水・内水ハザードマップ面には、大雨により多摩川が氾濫した場合に、市内でどのような被害が発生するか、またそのときにどこへ避難したらよいかなどの情報と、土砂災害(特別)警戒区域を示した地図が載っています。
また、非常持ち出し品や立川断層帯地震による被害想定、風水害情報のポイント、避難情報の解説などの災害関係情報のほか、切り取って持ち歩くための防災カードも載っています。
いつ起こるともわからない災害に備え、マップを活用して避難場所や避難所などをあらかじめ確認しておきましょう。

防災マップ/洪水・内水ハザードマップの配布について

防災マップ/洪水・内水ハザードマップは平成26年3月に市内の全家庭へ直接配布をしました。配布日以降に転入された方には、転入手続き時に総合窓口課で配布をしています。
配布した地図は、A1サイズの両面刷りをA4サイズに折りたたんだものです。
二世帯住宅でもう一部必要な場合などは、安全安心まちづくり課防災係へ直接お越しください。

防災マップ/洪水・内水ハザードマップ(PDF版)

多摩川洪水浸水想定区域(想定最大規模)の指定・公表について

国土交通省では、「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づき、関係機関と連携してハード・ソフト一体となった減災の取組を進めており、このたび、減災の取組の一環として、市区長による避難勧告等の適切な発令や住民等の主体的な避難に役立つよう、多摩川が氾濫した場合に浸水が想定される区域、予想される水深及び浸水継続時間を示した洪水浸水想定区域を水防法第14条の第1項及び同条第3項の規定に基づき指定・公表しました。

※詳しくは、国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所のホームページをご覧ください。

関連ページの紹介

福生市以外の地域を含む、防災関連の情報については、国土交通省、気象庁、東京都のホームページなどで公開しています。

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。

お問い合わせ

安全安心まちづくり課防災係
電話 042-551-1638(直通)

ページの先頭へ戻る